長崎県諫早市貝津町 長崎呼吸器リハビリクリニック
| ホーム | ごあいさつ | 特定健診 | 診療案内 | 通所リハビリ | 呼吸リハビリ | クリニックの活動 |
| スタッフ紹介 | 交通 | 入院案内 | 施設案内 | 慢性閉塞性肺疾患(COPD) | 呼吸リハビリの実際 |
呼吸リハビリ教室 | 肺の健康フェスティバル | 健康増進教室 | 睡眠時無呼吸症候群 | 禁煙外来のご案内 |
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
咳や痰が続いたり、階段の上り下りで息切れや動悸がすることはありませんか?
こんな症状が続いたらそれは慢性閉塞性肺疾患(COPD)という肺の病気かもしれません。
◎まずは自分でチェック
□40才以上で、タバコを吸っている、または吸っていた
□せき・たんがしつこく続くことがある
□階段を上ると息切れがする

COPDは以前は、肺気腫あるいは慢性気管支炎と
呼ばれていた病気です。原因はタバコがほとんどで
肺の生活習慣病と呼ばれています。
喫煙がCOPDの引き金になっているともいえます。
慢性のせきとたん、坂道や階段を上るときの息切れ
や苦しさなどが主な症状です。

●今より悪くしないことが大切です!

▼COPDの治療

  • 禁煙
  • 薬物治療(気管支拡張薬の吸入)
  • 運動療法(呼吸リハビリ)
  • 栄養管理
  • 重症化すれば在宅酸素療法
  • などがあります。

●COPDの診断と予防

診断は「スパイロメトリー検査」によって行われます。
喫煙歴のある40才以上の方は、ぜひ一度検査を受けてください。
簡単な検査で肺年齢がわかります。早期発見につながります。

●リンク

前 へホーム次 へ